newsイオン液体リチウムイオン電池の宇宙実験へ

イオン液体リチウムイオン電池の宇宙実験へ

記事 イオン液体リチウムイオン電池の宇宙実験へのアイキャッチ画像

弊社CEO石川正司(関西大学化学生命工学部教授)は、株式会社第一工業製薬及びエレクセル株式会社と共同で開発した「イオン液体リチウムイオン電池」を人工衛星に搭載し世界で初めて地球周回軌道での実験を行うこととなりました。

このたび開発した「イオン液体リチウムイオン電池」は、石川が2006 年に世界で初めてイオン液体利用の可能性を示した設計を基に、第一工業製薬、エレクセルと共同で研究を積み重ね、超高真空、高放射線の極限環境である宇宙でも耐えうる蓄電池として開発されたもので、世界で初めて宇宙での実証実験が実現することとなりました。実験は東京大学の中須賀真一教授らが開発した「ほどよし3号」で行われます。衛星は無事打ち上げられ、衛星基本機能の運用を順調に開始した段階にあります。この実験が成功すれば、人工衛星のみならず宇宙空間における電源供給システムに大きな前進をもたらすことが予想されます。

なお、今後の試験データ解析を弊社が行うことになっております。

カテゴリー